バレインウォッチングNews&Topics

下関市立文洋中学校で職業講話を行いました

2月12日(金)6限目に1年生を対象とした職業講話に、No.99安片選手が講師として参加しました。
サッカー選手がどういった生活を送っているのか?
また自身の体験などを交えながら約20分間の講話を行いました。
沢山の人前で話をすることが初体験だった安片選手でしたが、夢を持つことの大切さ、
夢を叶えるにはどうすればよいのかなど、初めての講話とは思えない熱い熱い言葉で
生徒達に自身の経験を伝えていました。
「夢を叶えるまでに沢山の辛いことがあるし、辛いことの方が多い。それは夢を叶えた後も同じ。
辛いことの繰り返しだけどそんな辛さをぶっ飛ばすような嬉しいことがある」
「常に感謝の気持ちを持って全ての生活をしている。素晴らしい環境でサッカーができていることはもちろん、
ほんの小さなことにも感謝し、ありがとうと恥ずかしがらずに伝えている。
みんなも今の環境は当たり前ではない。全てのことに感謝の気持ちを持って欲しい」
誰よりも準備を怠らず、妥協を許さずストイックな姿。
また、年下の選手、STAFFにも「ありがとう」と素直に感謝の気持ちを伝える安片選手らしい講話だと、
上記の2つの話が非常に印象に残りました。
講話の最後には「背番号99 安片政人です!是非乃木浜に試合を見に来て下さい!」と大きな声で
しっかりと自身、そしてクラブの宣伝をしていました!
今シーズンも自慢のスピード&体力、そして誰からも愛されるキャラクターを武器に
サイドを駆け上がる安片選手にに期待して下さい!
今回、貴重な経験をさせていただきました文洋中学校の先生方、講話を聞いてくれた生徒の皆様、
ありがとうございました。

 

  

 

  

 

^